鎌倉市民によるアマチュア管弦楽団として1963年に発足。
団員は幅広い年齢層と様々な職業から構成され、現在その数は120人を超える。
市の音楽文化の牽引役として、春と秋の定期演奏会、ファミリーコンサート、
鎌倉市の幼稚園協会による園児のための演奏会、大船まつりでの演奏、年2回の室内楽演奏会、
鎌倉芸術館「第九」での演奏、などを行っている。
2012年10月の第100回定期演奏会では、創立50周年演奏会としてマーラーの大曲 交響曲第2番「復活」を
地元コーラスの協力を得て演奏した。

⇒鎌響の歴史